外科病棟は私には合わないみたい・・・。もっとのんびりとマイペースに働きたいな〜。

富山,夜勤専従看護師

 

私は内科の配属を希望していましたが、外科病棟の配属になってしまいました(;´Д`A

 

絶対外科病棟は無理??っていいながらも、二年が過ぎました。

 

働いてみたら、きっと何かが変わるかも、意外とうまくやっていけるかも…なんて安易な考えは、すぐに消えました(T ^ T)

 

予想以上にハードだし、私のようなタイプにはこなせる仕事量じゃありません(´・_・`)

 

私は、自他共に認めるトロ子です。

 

看護師になれた事事態、奇跡だって思ってたのに、そんな私が外科病棟ですからね、親には早く異動願いを出せと言われていました(-。-;

 

しかし、配属になったからには、やるしかない??と、頑張ってきました。

 

新人で、何もかもが初体験で、戸惑うことばかりでした。

 

覚えることは沢山あります。

 

しかし、心電図モニターはさっぱり読めないし、しょっちゅう起きる急変には、おどおどしてしまうし、トロくて、先輩には怒鳴られてばかりだし…(T ^ T)

 

ナースコールで訪室すれば、患者さんにつかまり、なかなか退室するタイミングが掴めず、ナースステーションに戻るのが遅いといつも怒られています。

 

病棟オペや病棟検査の介助では、物品をびっくり返したり、もたもたしてしまって怒られてばかりですヽ(´o`;

 

一緒に入った同期は、すっかり仕事を覚え、最近では後輩の指導までしているんです。

 

それにのに、私は今だに仕事を完璧に覚えられていないし、ミスばかりだから、後輩の指導なんて絶対にやらせてもらえません(;´Д`A

 

看護師の仕事は、決して嫌いではありません。

 

しかし、外科病棟で働くことには限界を感じています(。-_-。)

 

私は、もっとゆったりとした職場で、患者さんとのコミュニケーションを大事にしながらマイペースに働きたいって思うんですよね。

 

病棟異動の希望は出していますが、私は介護施設なのような所で働きたいって思いますね。

息子が保育園で私が仕事が休みの日。ゆっくりすれば良いのに一生懸命に家事をしたり、普段出来ない用事を済ませたりとゆっくり出来ない私・・・。

昨年、突然の主人の死で、シングルマザーになり、今年からママさんナースとして働き始めました。

 

幼い息子を抱え、この一年、身体も心も休まる暇のない日々です(;´Д`A

 

専業主婦だった私が、看護師の仕事に復帰し、重症患者さんの多い職場での精神的な負担はかなり大きいです(;´Д`A

 

大切な人をなくした喪失感や、新しい環境への疲れなどで、不安神経症になってしまいました…。

 

体を休めなくてはいけないなぁ…と思っていますが、なかなかそんな余裕もありませんね…>_<…

 

頼れる主人がいない今、可愛いい息子の為にも体は壊されないな!と思っているのですが…。

 

息子が保育園に行って、私が休みの日など少しでも体を休められるといいんですけどね(;´Д`A

 

なぜか、そんな時にかぎって家の汚れが目についてしまって、掃除を始めてしまったり…。

 

用事を思い出して、普段は出来ないから今のうちに…などと用事を済ませていたり…。

 

なんだかんだとゆっくり出来ないんです>_<

 

結局夕方になり、休む暇もなく息子のお迎えにいっています( ;´Д`)

 

主人がいなくなってから、全て自分でやらなくてはならない、というプレッシャーが常にあります。

 

そして、突然の主人の死から、人はいつ何が起きるかわからない…という不安も常にあります。

 

 

そのためか、後で…なんて事が出来なくなってしまいました。

 

こんな事では、本当に体を壊してしまいますね(;´Д`A

 

主人がいた時は、自分がどれだけ甘えていたか痛感しています…>_<…

 

でも、息子にとって頼れる親は私だけです。

 

もう息子に悲しい思いはさせたくありません。

 

何があっても私が守ります。

 

 

可愛いい息子のためにも、健康に長生きしなきゃ…(^ ^)

 

ネオわらびはだの口コミと評判

総合病院の循環器病棟(T_T)・夜勤専従

循環器科は、心筋梗塞、狭心症といった心臓循環器の病気や血管に関する病気の治療を主に行っていて、心臓を扱うという点では、命に関わる重症な患者さんもいらっしゃいます。

 

2交代制の病院での夜勤専従でしたが、循環器病棟で働く看護師さんの中いはスキルアップ、キャリアップを考えている方もいて、命に関わるような科でもあるので、医療の技術はどんどん進歩していくので、最新の設備があるところで働きたい、と切望している方もいました。

 

そういう方との出会いはとても良い刺激になりましたね。

 

循環器病棟の患者さんは急変することが多く、そういう意味では、夜勤専従は、それなりに緊張が高かったですよ。

 

つまり、仮眠もなかなか取れなかったりする日も多かったですね。

 

でも、週1回の夜勤専従だったので、次の日はぐったりししてましたが、週1回のことなので、何とかやれていました。

 

日勤夜勤を繰り返している看護師さん達は本当に大変だと思いました。

 

なので、出来るだけ、自分のような週1回だけ働く、ある意味日頃の疲れがあまりない立場の自分が良い仕事をすることが患者さんのためでなく、共に働くスタッフにもプラスになるんじゃないか、と未熟ながらもがんばりました。

 

ある看護師さんは、循環器専門ナースを目指されていて、現場での一つ一つの症例を自分なりに考え、研究し、ドクターなどと意見交換をしたりしながら、努力されている方がいらっしゃいました。

 

心臓循環器疾患というのは、重篤なことになる場合もあって、看護師の瞬時の正しい判断、迅速な対応というのがとても必要とされているのだそうです。

 

ペースメーカーを装着している方も多くいる今、健康管理の指導はもちろんのこと、症例をいろいろ知っていて、データを正確に読み取れる技術を持った看護師の存在は、医療現場でとても大きな役割を果たすのだそうです。

 

一歩上を目指す人の話は本当に良い刺激です。