苦労をした人ほど、優しさを持っていますよね。人の痛みに気付ける人って、苦労していたり、努力していますよね。苦労を良い経験に変える・・・私もそんな人になりたいな?。

人ってホントにいろいろですよね。
看護師の仕事をしていて、毎日沢山の人と接していると、つくづく感じてしまうんです。
一見社交的で優しい人のように見えても、実はそれは上辺だけの事で、実際には冷たい人だったり、
という方も沢山います。
本当の優しさを持っている人って、強いし素晴らしいなと思いますよね。
苦労をしたり、何か辛い経験をした事がある方ほど、優しさを持っていると思いませんか?
自分が、痛みや苦しみを味わった経験がある事で、人の痛みや苦しみが理解できるんだと思うんです。(^^)
だから、いつも人の事を悪く言ったり、人の不幸や失敗をネタにして陰口を言っているような方は、
苦労や痛みを経験した事がないんだと思います。
そのような方は、人には酷い事を言っているくせに、自分が何か言われたりすると、落ち込んでしまう人が多いですよね。

 

入院している患者さんの中には、何度も手術をして、入退院を繰り返して、辛い治療にも耐えている方がいるんですよね。
そのような環境でも、人に対する気遣いや感謝の言葉を忘れない方がいるんです。
病気で辛い思いをしていたら、周りの事を気遣うなんて事は、なかなかできないと思います。
それなのに、その辛さを感じさせないように気丈に振る舞っていて、すごいなと思います。
患者さんとコミュニケーションを取る為に、患者さんの生活背景や経験を聞く事があるんですが、素晴らしいと思う方は、
結構苦労をしているんですよね。
そのような経験があるから、強い人間でいられるのかもしれませんよね。
苦労を良い経験に変える事ができる、そのような方を私は尊敬しています。
私なんて、まだまだだなと思う事ばかりなんですけど、そのような人になりたいと思っています。(#^_^#)