院内保育園は夏や冬の長期休暇の時だけ学童保育でOKです。院内の学童保育ってどうかな?

子供が小さいうちというのは、育児と仕事の両立が本当に大変です。
最近では、院内保育園が設置されている病院が増えてきましたが、そのような職場だと、
安心して子供を預けて仕事に専念する事ができるので、とても助かります。(^_^)
院内保育園には、24時間対応してくれるところもあるので、そのような職場であれば、
子育てをしながら常勤で働く事も可能です。
それに、院内保育園は、病院の敷地内にあるので、お迎えの時間を省く事ができます。
さらに、子供というのはすぐに体調を崩したりしますが、同じ敷地内にある保育園だったら、
すぐに子供の様子を見に行く事もできるので、安心できます。

 

多くの方は、子供が小学校にあがるようになると、子育ても落ち着いてくると思っています。
でも、小学校低学年は、保育園よりも帰宅時間が早くなります。
それに、学童保育の申し込みをしても待機になってしまう事もあり、逆に保育園に通っていた時よりも、
手がかかるようになってしまうんです。>_<
嬉しい事に、院内保育園で学童保育も一緒にやってくれる病院、というのもあるんです。
夏休みや冬休みなどの長期休暇に対応してくれるところや、学童保育が終わってから面倒を見てくれるところもあります。
そのような、子供に対する支援体制が整っている職場であれば、安心して常勤で働けます。(^0^)
そのような職場は、ハローワークではなかなか見つける事ができないんですが、
看護師求人サイトの看護師求人なら見つける事ができます。
ストレスを溜めなないで、育児と仕事を上手く両立させる為には、子育てに対する待遇が良い職場を見つける必要があります。
ママさんナースも働ける環境が増えれば、看護師不足の解消にも≠ェります。(^_=j=